So-net無料ブログ作成
検索選択

東北の梅で有名な名所は?

関東では2月から3月が見頃の梅も、
東北の方は寒いので、
4月から5月頃とかなり遅くなります。

では、東北にはどんな梅の名所があるのか?ご紹介紹介したいと思います。


≪青森県≫
・津軽フラワーセンター・・・標高142mの山にある自然公園です。
              園内には約2000本の梅林があり、
              開花時期は4月下旬から5月上旬になります。

              園内にはキャンプ場やスキー場、少年自然の家などの施設もあり、
              梅だけでなく、秋の紅葉も見事です。



≪岩手県≫
・黒石梅の里・・・開花は4月上旬~4月中旬頃で、
         約800本の梅が栽培されています。

         梅の産地直売も行っている他、
         時期になるとライブカメラでもその様子を見ることができます。

         よく張り切って行ってみたけど、
         まだ全然咲いていなかった。。。
         という残念な経験がある方も、ライブカメラで
         確認してから行けば、そんな失敗もしなくて済みますね。


       
≪秋田県≫
・大屋梅・・・見頃は4月中旬で、約600本の梅が愉しめます。

       他と違う素敵な点は、
       民家に点在している梅が季節になると
       花を付けて美しい彩りを見せることです。

       民家と梅のバランスがとても風情があり、
       これを見たく、遠くから足を運ぶ人もいるようです。



≪宮城県≫
・みちのく杜の湖畔公園・・・釜房ダム湖畔に作られた東北初の国営公園です。
              見頃は4月上旬~4月下旬で、梅の本数は約330本です。

              梅だけでなく、時期によっては桜やバンジーなども楽しめるでしょう。
              とてもきれいに整備されていて、
              「水のひろば」「時のひろば」「憩いの森」など、
              数多くのエリアがあるため、特に家族連れは
              一日遊べる場所でしょう。



≪福島県≫
・西田町梅の里・・・見頃は4月中旬で、梅の本数は約12000本です。

          梅の他にも、桜や桃も同時に楽しめ、
          晴れた日には安達太良山が一望できます。
          安達太良山は、日本百名山および
          うつくしま百名山にも選ばれています。



≪山形県≫
・真室川公園・・・真室駅の北西800mにある小高い丘にある公園です。
         見頃は4月下旬から5月上旬で、梅の本数は約400本以上です。

         4月下旬には梅と桜が咲き誇ってとても美しく、
         真室川祭りが行われる他、様々なイベントが催されます。

         梅と桜を同時に見ることなんて、
         関東以南に住んでいるとほぼないことなので、
         一生に一度はその光景を見たいですよね。

関東の梅で有名な名所は?

今回は、関東の梅で有名なところ
いくつか紹介します。


≪茨城≫
・偕楽園・・・いわずと知れた日本三大名園の一つ(兼六園、後楽園、偕楽園)です。
       約100品種、3000本の梅の木があります。

       2月下旬から3月頃になると、「水戸の梅祭り」が開催されます。
       創設者は水戸徳川家第9代藩主の徳川斉昭です。
       「白難波」「烈公梅」「江南所無」「月影」「虎の尾」
       「柳川枝垂」は、梅の中でも華麗さを誇り、
       水戸の六名木と言われています。

       梅が特に有名ですが、一年を通じて
       四季折々の風情が愉しめるでしょう。

       偕楽園という名前は、孟子の
       「古の人は民と偕(とも)に楽しむ、故に能く楽しむなり」
       という一節からきているという話です。



≪東京都≫
・湯島天神・・・毎年2月上旬~3月上旬頃に梅祭りが開催されます。
        梅祭りでは、奉納演芸を見ることが出来るでしょう。
        特に、野点や白梅太鼓は必見です。
        梅園の本数は300本で八割は白梅です。

・新宿御苑・・・毎年2月頃が梅の見頃です。
        総数は約350本ほどです。
        新宿にある都会のオアシスで、気軽に行くことが出来るでしょう。

        新宿御苑は、皇室の庭園として造園された大庭園で、
        戦後に国民公園の一つとして
        一般に開放されるようになりました。

        梅はもちろん、桜の時期もとってもきれいですよ。




≪神奈川≫
・三溪園・・・見頃は2月中旬から3月上旬で、観梅会が開催されます。
       古くから梅の名所として知られています。

       梅の本数は約600本で、
       珍しい梅として「臥竜梅」「緑萼梅」があります。
       期間中は、園内の初音茶屋にて、
       昔ながらの釜で沸かした麦茶を提供してもらえます。


       
≪静岡県≫
・熱海梅園・・・1月上旬~3月上旬頃に梅祭りが開催される他、
        期間中には日曜祝日を中心に、
        芸妓連演芸会や琴演奏会、甘酒無料サービスなど、
        様々なイベントがあります。
        
        開園は明治19年で、日本一早咲きの梅として有名です。
        早咲き、中咲き、遅咲きと順番に開花していく様子を
        見ることが出来るでしょう。

        品種は60品種で、本数は457本です。

        今からすぐに梅を見れるので、あたたかい格好をして
        見に行きたいですね。

関西の梅で有名な名所は?

そろそろ梅の季節ですね。

2月頃になると、梅が見頃になります。

今日は、関西の梅の名所をいくつか紹介しましょう。


京都
・北野天満宮・・・菅原道真公が祀られています。
         道真公は殊の外梅を愛していました。
         そのため、北野天満宮も梅の名所として有名です。

         毎年2月~3月頃には梅苑公開が行われます。
         境内には50種類、1500本の梅があります。
         早咲から晩咲の梅まであり、
         一ヶ月くらいは梅を愉しむことができるでしょう。

         道真公の命日にあたる2月25日には梅花祭が行われます。
         曜日にもよりますが、この梅花祭は、
         多くの人で賑わうお祭りで、鳥居を潜った参道は
         例年のように押すな押なの人の群れができるようです。



大阪
・大阪城公園・・・約100種、1270本ほどの梅の木が植えられています。
         早咲から遅咲までの種類が揃っていて、
         開花時期は2月中旬から3月上旬あたりでしょう。

         入園は自由で、入園料も無料の上、ペットの入園も可能です。
         ゆっくり散歩もいいですし、
         比較的空いている場所もあるので、お弁当を食べてもいいですね。



奈良
・賀名生梅林・・・南朝のゆかりの里です。
         北木曽の丘陵の麓から中腹まで2万本の梅が咲き誇ります。

         見頃は、2月下旬から3月中旬頃です。
         一周するには、2時間から3時間は軽くかかるでしょう。
         奈良では月ケ瀬梅渓、広橋梅林と並ぶ梅の名所です。

         車で行く場合は、ドライブがてら通るだけなら問題ないですが、
         ゆっくり見たいという方は、
         麓付近の無料駐車場に車を停めて、徒歩で上るのが正解かもしれません。

         梅の他にもつくしが一面に出てきていて、
         一見の価値があります。



≪滋賀≫
・彦根城梅林・・・庭園でも有名な彦根城ですが、
         紅白梅合わせて600本の数の梅があり、
         梅の名所としても知られています。

         3月中旬から下旬頃には梅まつりが開催されています。
         天守閣の前にも梅があり、
         満開になると天守閣が映えて美しい光景が見られるでしょう。

         また、天守前や馬屋前など城内各所には、
         しだれ梅が植えられいるので、
         行かれた場合は、ぜひチェックしておいた方がいいですね。



和歌山
・紀州田辺梅林・・・有名な梅の里です。
          標高400mの大蛇峰からは水平線を遠景に
          一面の梅畑を堪能することができます。

          梅の本数は約30万本です。
          見頃は2月上旬から3月上旬で、
          梅園も2月上旬から3月上旬頃まで開園しています。

          期間中は日曜日に石神市が催されているようです。
          
          他にも、もちまきを行うことも多いようです。
          その際には、お菓子やパンも一緒に
          まかれることもあるようなので、
          もし、もちまきに行く時には
          動きやすい服装で行った方がいいかもしれませんね。







この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。